MENU

脱毛サロンって最近色々あるけど銀座カラーの経営は大丈夫?

銀座カラーの経営

最近では脱毛サロンの存在が、我々日本人の間で当たり前のものになりつつあります。脱毛サロンのCМをテレビで見かけることは少なくないですし、かつてはかなり高いイメージが合った脱毛も、脱毛サロンの発展によってかなりリーズナブルになっているのです。

 

しかし脱毛サロンの中には、厳しい価格競争や広告費用の負担などが原因で、経営が苦しくなってしまっているところもあるようです。最近ではある有名脱毛サロンが、倒産の危機にあるのではないかという情報が大きな話題となったことがありました。

 

では大手サロンの一つである銀座カラーの経営は大丈夫なのでしょうか。銀座カラーの全身脱毛コースを契約しているという人にとっては、コースの途中で倒産してしまうと大きな問題になるでしょう。

 

銀座カラーを運営しているのは、塚田啓子という人物が代表取締役を務めている株式会社エム・シーネットワークスジャパンという企業です。株式会社エム・シーネットワークスジャパンの売上額を見てみると、順調に成長を続けていることが分かるので、その点では経営は順調だと安心して良いでしょう。

 

また銀座カラー事態について考えても、その店舗数は2016年には14店舗も増える予定であることからも、経営の順調さがうかがえます。これらの点から考えて、銀座カラーの経営は大丈夫だという結論が導き出せます。